不眠対策やストレス発散に簡単に初められる有効な手段

不眠を感じたら早急に専門医へかかりましょう

眠れない時は、寝ないことです。寝ずに英会話の勉強でもしていればいいのです。専業主婦であれば、ある程度時間に融通が利きますが、サラリーマンや学生では寝れないと次の日の生活に支障をきたします。寝れないことで、作業効率は落ち、やがて意欲も低下してきます。不眠は癖になると厄介ですから、不眠を感じたら早急に専門医へかかりましょう。ここで重要なのは専門医です。総合病院では、禁煙外来や不眠外来を設けているともありますが、一般の精神科や心療内科であれば問題ありません。

睡眠薬は特定の専門医から入手すること

睡眠薬は精神科医でなくても処方はされますが、睡眠不足より睡眠薬への依存性のほうが怖いので、必ず決まった専門医から決まった薬局から入手しましょう。専門医であれば睡眠薬と一緒に抗不安薬を処方する場合もありますが、何も心配ありません。医師が決めた量を決めた時間に飲んでいれば、依存性への心配はありません。ただし、アルコールと一緒に服用することは絶対にダメです。アルコールには強い人、弱い人がいて、強い人でも体調によっては酔が一定しません。そのため、アルコールと薬(睡眠薬・精神安定剤など)の服用は止めましょう。

不眠などストレスにはインターバルトレーニングが有効

医師は専門医に限らず、睡眠薬と生活を改善することを進めてきます。今まで正しいと思ってきた生活スタイルを変えてみるのもいいです。つまり、今までの生活スタイルが不眠を発症させた原因と考えましょう。不眠と不安は密接な関係にあり、不安が不眠の原因になる場合があります。不安を克服するには走って休んで走って休んでを繰り返すインターバルトレーニングが有効です。人間には自然治癒力があり、走って息が上がり休むと意識とは別に体は息を正常に戻そうと働きます。やがて正しい呼吸法が自然に身に付き、睡眠へと導いてくれます。ストレスとは体とココロの不一致が原因で起こり、身体的負荷を加えることで、ココロと同レベルの負荷になり、やがて体が治癒されると同じようにココロも治癒され不眠も改善されます。いきなり、走るのは体への負担が大きいという方は、椅子から立ち上がる座るを繰り返すことでも同様な効果が得られます。

岡山の心療内科は患者に対して非常に丁寧なカウンセリングをしているので、悩んでいる場合には診療を受けてみるのも良いでしょう。