様々な性病の原因を知り、適切な治療するには?

性病の種類について知ろう。

性病には様々な種類があります。膣カンジダ症、トリコモナス炎症、クラミジア炎症、淋病、梅毒、毛じらみなどがあります。どれも皮膚へのかゆみや違和感、あかみや湿疹などもがあります。特に女性はおりものに変化があるので分かりやすいですが、男性は症状が薄いので気がつかない人もいます。また、悪化していくと腹痛や微熱などがでてきますし、排尿痛、性交痛などもでます。HIV感染症・エイズ、肝炎にもなる事があるのできちんと調べるとよいですね。

病院と検査についての知識を!

女性では陰部に違和感やかゆみ、あかみ、湿疹、おりものがある場合は婦人科にいく事が適切です。男性では性病科か泌尿器科が適切です。女性は病院での医師との問診とおりものを採取しての精密検査をする事が検査となります。男性は病院での医師との問診と尿検査が必要になります。おりものの検査の場合には顕微鏡でわかるものもありますが1週間ほどかけて培養して検査結果を待つことになります。男性も尿検査に1週間ほどかかります。

性病の治療について知る!

病院の検査により性病が分かり、性病の種類も分かった場合には女性はその病気に合った膣に入れる薬と軟膏などで治療します。また薬の服用で治ることもあるのでその時には薬を服用します。医師の決めた通りに膣剤はきちんと自分で入れるか、病院での入れてもらうかしてすっかり病気が治るまで治療しないと再発の恐れがあるので治療期間はしっかりと守り、下着もナイロン製の物は避けた方がよいでしょう。男性は薬の服用と軟膏での治療になります。男性も再発しないようにしっかりと期間を守り治療する事が大切になります。

性病とは、性交渉によって引き起こされる病気の総称で、感染する菌の種類によって潜伏期間があることが特徴です。